トップページ

このエントリーをはてなブックマークに追加
加治丘陵

加治丘陵

 加治丘陵は、多くの野生動物が生息する自然の拠点であり、昔から人々の生活に密着し、入間市の文化を支えてきた「里山」です。

 里山(さとやま)とは、奥山に対比して用いられる言葉で、昔から人々の生活の場の近くにあり、薪炭林(しんたんりん)として活用され、柴刈りや下草刈り、苗床(なえどこ)を作るための落ち葉かき、木炭の原木としての切り出しなど、農村の生活と結びついて、長い間手入れされ続けてきた山のことです。

 首都圏から近いわりに、秩父多摩国立公園の山間部と接続しているため、多くの野生生物が生育・生息しており、この加治丘陵の自然は、これまで地権者の理解と市民の協力のもと、豊かな自然環境をはぐくむ場として受け継がれてきました。

加治丘陵の地図

加治丘陵の地図