令和4年度 入間市「自然かんさつ会」のごあんない

日 時
5月22日(日) 8:30(受付開始)⇒9:00(出発)⇒12:00(解散)
集合場所
金子公民館 玄関前
目的地
加治丘陵 トラスト保全6号地』…霞川の橋を渡って丘へ。初夏の花のエゴノキスイカズラツリバナが咲いています。ツクバキンモンソウ、今年も咲いたでしょうか。 夏鳥たちの囀りは何種類聞こえるでしょうか。

お知らせ

2022年 6月20日
2022年6月の作業予定が決定しました
2022年 5月13日
加治丘陵だより第36号がアップされました
2022年 4月29日
ルリタテハの記事がアップされました
2021年10月22日
公開情報の中に定款をアップしました
2021年 8月 9日
カトウツケオグモの記事がアップされました
2021年 7月18日
タシロランの写真を更新しました
2020年10月23日
ツマグロヒョウモンの記事がアップされました
2020年 6月 6日
ウスバシロチョウの記事がアップされました
2020年 2月26日
テングチョウの記事がアップされました

加治丘陵について

このエントリーをはてなブックマークに追加
加治丘陵

加治丘陵の風景

 加治丘陵は、多くの野生動物が生息する自然の拠点であり、昔から人々の生活に密着し、入間市の文化を支えてきた「里山」です。

 里山(さとやま)とは、奥山に対比して用いられる言葉で、昔から人々の生活の場の近くにあり、薪炭林(しんたんりん)として活用され、柴刈りや下草刈り、苗床(なえどこ)を作るための落ち葉かき、木炭の原木としての切り出しなど、農村の生活と結びついて、長い間手入れされ続けてきた山のことです。

 首都圏から近いわりに、秩父多摩国立公園の山間部と接続しているため、多くの野生生物が生育・生息しており、この加治丘陵の自然は、これまで地権者の理解と市民の協力のもと、豊かな自然環境をはぐくむ場として受け継がれてきました。

加治丘陵の地図

加治丘陵の地図